後悔しない高校選びのコツ

高校を選ぶとき、私立、公立、どのように決めたらいいのか

私立高校と公立高校の学費の差

私立高校の方が学費が高いというイメージをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
まず受験料から異なります。
公立高校の場合、平均して受験料が2,000円程度なのに比べ、私立高校は2万円前後と10倍も違うようです。
その後必要となるのが入学金ですが、6,000円弱の公立高校に比べ私立高校は20万円前後とこれまた私立高校の方が高額となっているようです。
そして3年間分の授業料は公立高校が約70万円なのに対し、私立高校は220万円ほどするようです。
平均ではありますが、これらを比較すると、公立高校が71万円ほどで3年間授業がうけられるのに比べ私立高校では242万円と171万円も違います。
やはりイメージ通り、私立高校の方が高いですね。

その他の費用

高校に通うには学費以外の費用もかかります。
通う高校と自宅の距離や立地場所によりその通い方は様々かと思います。
例えば電車やバスなどの公共交通機関を利用する場合は定期券が必要になりますし、徒歩や自転車で無料で通える範囲の場合もあります。
あまりに家から学校が遠いすぎる場合には、校内敷地にある寮で生活を始める生徒もいます。
その場合には寮費がかかります。
早稲田高校の場合は月の寮費が6万5千円かかり、更に食費が3万円弱と学習サポートが2万円弱かかりますので、月々12万弱はかかるということになります。
これを安いととるか高いととるかは家庭の経済状況にもよるでしょうが、金銭面だけでなく通う時間等を考えるとより勉強に集中することができるといえるのではないでしょうか。
一方で初めて実家から出て生活をする生徒の中にはホームシックになる方もいるようなので、寮生活が性格的にも合っているか考えて決めると良いかと思います。