後悔しない高校選びのコツ

学力はあっているのか、卒業後の進路の助けになるのかどうか

学力で選ぶ

公立か私立か決める以前の問題で今現在の学力に合っているかどうかという事は非常に大切になってくるかと思います。
必死に受験を頑張り、実力より大幅にレベルの高い高校へ合格したとしてもその後の授業についていけなくては何の意味もありません。
ましてや留年する可能性だって否定派できないわけですから、ある程度レベルの高いところを目指すにしても高過ぎないということは気を付けた方がよさそうです。
とはいえ、これまであまり勉強に時間を割いていなかっただけで受験前に少し集中しただけで要領よく勉強が進み、今までよりもはるかにいい成績を出す生徒もいますから、成績の数字だけを見て判断するのではなく、これまでと今の学力、そしてその生徒の性格(高校進学後も、引き続き勉強を熱心にしていくだろうか等)も考慮して大人が一緒に高校を選んでいくべきなのかもしれません。

卒業後を考えて選ぶ

学力以外にも判断要素の一つとして卒業後どうありたいかを考えて選びという方法もあります。
例えば、無理してでもレベルの高い、又は高すぎる高校に入り、絶対的にストレスがたまる程勉強しなくてはついていけない状況が目に見えていたとしても、その後の大学受験や就職活動時において、少しでも有力になる学校名である場合などがあげられます。
日本は学歴社会ですから、どうしても出身校の名はついて周ります。
大学や専門学校と違い、高校を一度卒業してからまた別の高校へ行き直す人はほぼいませんよね。
それに出身校の名前は面接や会話などで聞かれることは多々あっても、成績等の詳細まで話す事はめったにありません。
それを考えると、辛い3年間が想像できても無理して入る、という選択肢もあるのではないでしょうか。